世界の有力者が人類史上最も多く氷水をかぶった2014夏

ALS筋萎縮性側索硬化症協会)と診断された方の友人からはじまった寄付活動が、広がりに広がって世界的なバイラルキャンペーンになってきている。
世界のトップにたつ有力者が氷水をかぶるインパクトは計り知れない。
いま現在も増え続けている「ALS Ice Bucket Challenge」
印象に残ったものをまとめてみた。

Jeff Bezos accepts the ALS Ice Bucket Challenge #IceBucketChallenge – YouTube
↑明日、スタートレックのアノ三人が氷水被るのかな?

Mark Zuckerberg Ice Bucket Challenge – Nominates Bill Gate! – Official video – YouTube
↓マークザッカーバーグから、ビルゲイツにわたり…

Bill Gates Accepts Mark Zuckerberg’s ALS Ice Bucket Challenge In Big Way – YouTube
日付では今日、イーロンマスクが行う予定。

ほかにも、ラリーペイジやセルゲイブリンに…

Larry Page and Sergey Brin | ALS Ice Bucket Challenge – YouTube
ティムクックもいる!!そのあとディズニーCEOにバトンを渡したとのこと。

Tim Cook ALS Ice Bucket Challenge – YouTube

さらにスケールがすごい!!
アメフトチームまとめて、ホースで氷水!!

NY Jets ALS Ice Bucket Challenge with Fire Truck Hose – YouTube

ヘリから氷水!!それより大自然にビキニマッチョの方ばかり目がいっちゃいました。
アイスホッケーの選手なのね。

Paul Bissonnette ALS Ice Bucket Challenge – YouTube

現在YouTube検索で6万5千件のヒット。
ALS Ice Bucket Challenge – YouTube

ALS支援の和は広がっている。
難病認知が研究関心効果を生み、それが難病克服への道を一歩近づける。
来年も違った形で広まって、見事克服し、ALSのみなさんの笑顔につながってほしい☆

【事前告知】リフォーム業の無料販促素材をつくります

リフォーム業の販促・集客ツールといえば、すぐに思いつくのは折込チラシ、ポスティング、飛込み営業。外回りで現場確認してリフォームしたほうが良さそうな家にはポスティング、飛込み営業のアピローチが有効なのは素人にもわかる。
ただ必要な情報にすぐにアプローチできる時代、ネットワーク以前の営業スタイルでやっていてももう商売うまくいかない。最安価格は検索すればすぐに出てくるし、わざわざ折込チラシで展示会の案内を出したところで、展示場で得られる情報はネットで確認できる。
実際展示場で体験できれば、それは強みであるが大抵は間借りスペースでの商品展示のみで、モノの良さを体験実感できず、それであればメーカーが出している動画をみれば事足りる。

商品はどこも横並びだから、買う前と買った後をどう満足させるかが勝機であると考えます。

リフォーム経験者としての考えで「買う前の販促・集客」で有効なことは、リフォーム前のお片づけ。
リフォームする前に周りのものを片付けたり、リフォーム以外で面倒な事が意外に多く、リフォームの必要性は感じているものの、その面倒から「壊れてないしいいか」になってしまう。

そこを解決してくれるお片づけのプロとしての集客販促。

リフォーム無料素材「収納名人」

ビール素材同様、汎用可能な作りで公開したいと思います。

リフォーム業界、特にリフォーム中小企業経営者の方は乞うご期待。

日報メールのお供にどうぞ、名ばかり残業に効く「お先に失礼します」無料画像素材

部署間などで日報をメールしている人にオススメの気の利いた無料画像を思いついたので、配布します。
生産性の低い名ばかり、格好だけ残業をしている同僚上司に効果があるかもしれません。
「飲みに行こうか♪」で飲食店の集客効果アップは期待できますが、社内の人間関係が悪化する恐れもあります。
ご使用は自由ですが、自己責任でお願いします。
f:id:tukurukokoku:20140722202633p:plain
ちなみにFacebookには「おさけに失礼します」という「おさけ=おさき」にかけたオヤジギャグ画像もあります。
お試し広告制作サイト「つくる広告」 | Facebook

おつかれさま「無料ビール素材」

三連休お仕事の方もいらっしゃると思いますが、その方は終わってからこの画像をご覧になってビール飲んで下さい。
Facebookに上げているビール画像の「お疲れさん」シリーズもうひとつバージョン追加しました。
お試し広告デザインサイト「つくる広告」 | Facebook
f:id:tukurukokoku:20140719004837p:plain
週末は家族サービスと、休む暇もないひともいるかと思いますが、まぁ心は持ちよう、まずはおつかれの一杯を!!

コンビニや酒屋、飲食店で使える無料「ビール」POP素材

六月にFacebookで公開した無料ビールバナーの中から人気のある素材を使って、ビール販促に使える素材を作りました。今回は割引や無料、お疲れコピーはなしで、「夏はじまる→(暑い)→ビール飲みたい」で単純に構成。
https://www.facebook.com/tukurukokoku

ビールの夏2014

コンビニのレジ前に自立型クリップで宣伝したり、酒屋さんや飲食店のSNS販促として使えそうです。
先月作ったものに比べて、売りのイメージはなく、夏スタートのメッセージ効果を強調しているので、ソーシャルメディアで投稿しても嫌がられることはないと思います。
f:id:tukurukokoku:20140718011305p:plain
こういうものをつくってほしい等リクエストございましたら、Facebookにコメントください。(できたらイイネしてね)時間があれば、いろいろつくって飲食店や小売店の販促に役立てればと思います。

こころの栄養素がいっぱい摂れるSNSが欲しい今日この頃

週明けにフェイスブックのフィードに流れる友人の近況報告。もはや月曜日のフィードはリア充通信と化している。ひとの幸福を素直に喜べないわけでは決してないが、ある意味イイネの踏み絵ゲームのようになっていて、あのひとにイイネしてこのひとにイイネしないのはおかしい…とか勝手に想像しちゃって、結局全自動でイイネした方が手っ取り早い感じになってしまう。まぁしかし自分を蔑む投稿をするひとは当然いないわけで仕方はない。こういったワタシ自慢に若いうちから習慣化すると、社会学者がいうように自分マーケティングがうまくなるのも頷ける気がする。

だから感情とかテーマ別で登録できるSNSがほしい。自分の投稿を喜怒哀楽やモノやサービスなど種類別に分けれて、今日は落ち込んでいるから「楽」「喜」のフィードに反応したいとか、そういう嗜好セレクションみたいなものが簡単にアイコン分けされたSNSないかなぁ。