6メートル離れて総勢42名のコイン投げで音色出し!リゲインCM動画

6メートル離れたビーカーにコインを投げ落とし、ビーカーの液量によって音色を変えるスゴ技

ビーカーへのコイン落としは、コイン投げの放物線を計算し、投げる力は腕に電極をつけ調整。
国内最速クラスのロボットアームと秒間最大1000コマ撮影可能なハイスピードカメラ・ファントム4によって、世界最速のコイントス・オーケストラの完成!
(2枚失敗している?)

www.youtube.com

モーツァルトのメヌエットって、老若男女、集中力が高まるそうです。

モーツァルト: メヌエット (ディヴェルティメント第17番から)

モーツァルト: メヌエット (ディヴェルティメント第17番から)

  • ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 & ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

サントリー 集中リゲイン 190ml缶×30本

サントリー 集中リゲイン 190ml缶×30本

ローラのマジックショーが60秒たっぷり堪能できる!JIM BEAM Magic Rola

サントリーJIM BEAMのコマーシャルが面白い!
60秒ローラのマジックが楽しめるマジックローラ。
6秒動画で世界的有名人zach kingの種明かしを先日TVでみかけましたが、同じく動画のつなぎ合わせを応用してのマジック。

ローラとジムービームの魅力が詰まったマジックローラショー

番組収録前の控え室のような雰囲気がリアル感があって、次に何が起こるんだろうとワクワクさせてくれます。
鏡のライトがグレープフルーツになったり、空のグラスにが氷いっぱいになったり、壁に落書きしたジムービームのボトルが本物になったり…最後は驚きの結末。

久々にYoutube広告動画を最後まで視聴しました。
新発売ジムビームのシトラスハイボールの特徴をしっかり伝えたおもしろ動画です。

ジムビーム シトラスハイボール グレープフルーツ 350ml×24本

ジムビーム シトラスハイボール グレープフルーツ 350ml×24本

レオナルドディカプリオやローラの氷割りスタイリッシュコマーシャルも爽快でいいけれど、www.youtube.com

今回の方がジムビーム顧客層に合ってそうですね。

www.youtube.com

田中要次さんが演じるHEROの「あるよ」バーテンダーとのコラボCMもおすすめです。
あるよの名台詞に、おなじみの音楽とHEROの魅力があって、通販番組のナレーションでジムビームの魅力をうまくアピールしています。www.youtube.com

THE ROLA!!

冬の柿入れ時に向けて、缶コーヒー各社の戦略が興味深い。2社事例

コンビニコーヒー元年であった2013年から一年。
コンビニで奥にある缶コーヒーコーナーに足を運ぶことがなくなって久しい。
すっかりコンビニコーヒーの習慣化ができてしまった。

「厳選された豆を使って、1杯ごとにドリップで淹れたて」

これに勝つのは相当至難の業。

喫茶店のように場所の雰囲気やサービスでは対抗できない。

単純にコンビニに入る前に勝負を決める、自販機で買ってもらう施策を打つか、AKBや妖怪ウォッチのような人気コンテンツのプレミアムな特典をつけるか。

ホットコーヒーが恋しくなる季節を前に、どうしてくるのか。

興味深い事例がふたつ。
ダイドーコーヒーは振ってさらに美味しいという、新たな体験を加えた。
ただ「振って泡立て、いれたて風味」は淹れたてには叶わないと自ら宣言しているようで、ドリッピと同じ土俵では戦わない方がいいと個人的に思う。
振って泡立て、いれたて風味 ダイドーが缶コーヒー発売:朝日新聞デジタル

戦う場所をウェブにもっていったアサヒ飲料
CMをみて、「ウェブ応募」+「満足できない場合返金」+「黒+金」が印象に残る。

ワンダ ゴールドブラック −金の無糖− 缶185g(ポスター付き) | アサヒ飲料ショップ|アサヒ飲料公式

試みは面白けれど、興味をもってウェブで「ワンダ 返金」とかで調べてもすぐ出てこない。
話題になってもググってすぐに見つからないならかえってロイヤリティ落ちるのでは?
ちょっと心配。

各社、昨年とは違った「振るという行為」「ウェブ応募で満足いかなかったら返金」と別の土俵でやるのはうまいが、厳しいようだが一消費者の感覚としてほとんど効果なさそう。

今やコンビニコーヒーは缶コーヒーと比べるものではない。
スタバのコーヒーが100円で飲める、それぐらいの感覚なのだ。
イケてるバリスタやおしゃれなBGMとくつろげるスペースはないけど、それに近い味を格安で楽しめるバリューがある。

毎日飲んでいて、500円のコーヒーを手軽に100円で飲めるメリットを感じている、美味しくて得した気分。

新たに習慣をつくるしかないと思う。水際でとめるしかないと思う。
職場はバリスタという強いライバルがいるが、まだコンビニコーヒーのように大衆認知の習慣化まではいっていない。

各社、屋外より屋内でできる販促を今後期待したい。