買い替え習慣を科学的に見える化する定期購入向け販促事例

サンスターの歯ブラシ一ヶ月交換習慣。
一ヶ月交換していない痛んだ歯ブラシで磨いた後と新品の歯ブラシで磨いた後の比較をみせて、定期的に交換せず使い続けた歯ブラシでの磨き残しがどれだけあるか説得力のあるイメージ画像で示している。
毎月買ってねとメッセージを流すより、これだけ効果の違いを分かりやすく見せられると「買い替えようかな…」ではなく「買い替えないと!」となる。
科学的に証明できるかは専門家ではないので分からないけど、「信用力」や「説得力」を画像やデータ図で見える化してくれると、消費者に適正な交換時期で買ってもらえ販売機会が増える。

このように定期購入商品やライフタイムバリュー商品は、説得力をビジュアル化させることは効果ありますね。