物撮り用回転撮影台としても使えるオートパンヘッドPH-80R

6月に発売されるLPLのオートパンヘッドPH-80R。

LPL 電動雲台 オートパンヘッドPH-80R L14951

こちらスマホやカメラを挟んで、360度パノラマ撮影ができる自由雲台。

雲台が回転することから物撮り動画で、たとえばお皿を載せて、料理動画撮影使えそう。

サイズが限られますが、回転雲台ってレンタルとかでも篦棒に高いので、これはウレシイ発売!

料理撮影に欲しいリングライト同様、LPLさんの商品、物欲たまりません!!

LPL 撮影ライト LEDマクロリングライトVLR-490 L26851

広告マンの8割はいらない『広告ビジネス次の10年』

もうここ数年うすうす気づいていた言葉がほんの帯いっぱいに書かれていた「広告マンの8割はいらない」と。

紙ベースの仕事をしていたときは、情報が網羅的に収集して比較検討するのは難しかったが、今やググればすぐに情報収集、比較検討できる。

印刷代などはネットで調べれば、すぐに原価が分かるし、フライヤーなら右から左の印刷代マージン(もちろん専門的知識はいる)も、もう取れそうにない。

フリーペーパービジネスも斜陽産業となりつつあり、オリンピック開催が追い風となり、訪日観光Webメディアが今もうじゃうじゃ増えているし、今後はフリーペーパービジネスと訪日メディアのハイブリッドがシェアをとるだろう。

チラシ産業の稼ぎ頭のスーパーのチラシも、チラシルやシュフーがキャズムを越えれば、そもそもチラシをみるメインターゲットであった主婦が、そもそもチラシに接触する機会がゼロになり、スーパーチラシを確認するついでにチェックされていたチラシも見られなくなるだろう。(だったというのは、最近チラシをチェックしていると、シニアシフトが激しいと感じるから)

要は、著者が業界人間ベムやDMP関連の著書で常々提言している「枠」から「ひと」、枠のうまみは縮小し、しがんでやっと味がでる感じ。

枠のスペースだけ売ったり、情報弱者相手にマージン抜いては通用しなくなる。

本当に数字をつくれる、売れる広告を作ってくれる業者が選ばれる時代にきている。

顧客志向がデータやカタチとして見えてくると、成功事例の使い回しで「売れる感じ」で仕事をしていたコンサルや広告屋は受け入れられなくなる。

そうなってくると、データをカタチにしてくれるデザイン会社が重宝されそうだ。

それが広告会社といえるかわからないが。

横山さの著作はブログ含め全て目を通している、いまからポチって、読んでみようと思う。

広告ビジネス次の10年

テレビやラジオのマルチ視聴(二の次視聴)における広告施策

スマホのマルチ視聴は聴覚を使う

メディア接触、リビングの主役が完全にスマホに変わって早2年。

テレビをBGVにしてスマホPodcast・ラジオをBGVにスマホ

TVをBGV、マルチ視聴しているときは、基本目線はスマホの画面。気になったフレーズがTVから聴こえたら、TVモニターをチラ見する。バックグラウンドでの二の次視聴は耳をよく使う。

ラジオから聴取率1位が聴こえて考えた、BGMとしての広告効果

先日Podcast聴取率1位を取ったとの報告をされていたが、主な収入源である広告収入はどれだけ効果があるのか非常に気になった。

数年前からバラエティー系はラジオ、ニュースや経済番組はテレビというスタイルが定着。

テレビはだいたい1.5倍再生でCM飛ばし、ラジオはそのまま聴いている(Podcastで倍速できるらしいので今度試す予定)

ハッキリいって広告はスルーしている。

(もしクライアントからCM制作の申し出があれば、二の次視聴対策でこれまで以上に耳に残るCM作りを提案するだろう)

で、聴取率1位と声高にいってもスポンサーサイドで、どれだけ効果があるのだろうか。

今後の流れとして、まず広告と番組コンテンツは切り離さずにパッケージ化される(昔から一部では取組まれているが、今後全てがそうなってくると思う)

そしてリアルタイムの広告効果、録画録音での広告効果を図るために、本来見ている画面(スマホタブレット)で特設サイトですぐ反応できる仕掛けを行い、コンバージョンを図る。

拡大経済のステージでは、どんぶり勘定でも成立したが、縮小市場でこれから先こんなあまあまな広告施策を企業が継続するとは思えない。

(私見だが街歩きという名の広告紹介番組と化しているバラエティー番組など、スポンサーの気が知れない)

ラジオやテレビが二の次メディアとして機能していたとしても、そもそも広告という枠をなくす、参加型、レスポンス型にすることが重要だと考えた。

オールドメディアがなくなるとは思わないが、第一のメディアに返り咲く事はもうないと思う。

(但しテレビがテレビでなくなる、VRで視聴者全員スタジオ参加型コンテンツみたいなものが出てくれば、変わるかも。しかしテレビ局でやる必要はないか、ネットスタジオで十分かな…)

二の次視聴で愛されるメディアとして、脇役としての広告戦略をもっと進めていくべきだろう。

以上でおわり。

radicoの有料化とか聴取率1位とか、なぜ増えているのか自分の行動を振り返って考察した。

主役はスマホで、二の次メディアとして機能しているかもしれないという、数字に一喜一憂せず、冷静さをもっていかないといけない。

なぜ田中は「できる田中」に変われたのか

日経電子版のCMが面白い。

TV見てない人に簡単に説明すると入社4年目の「できない田中」が日経読んで、「できる田中」になったというCM。

どっちの田中も変に自信過剰で、目上にリスペクトがなさげな感じが今っぽいのか共感できて、また同僚の女の子が回を重ねる毎におかしくなっていくのが笑える。

http://youtu.be/zVGnqNocY-4

田中電子版はなぜ「できた」のか

日経電子版読んで、できる田中電子版となった田中。

http://youtu.be/TiwKLsCFGI0

この2話がほかと異なるのは、田中は「情報収集→紹介」の先の、自分で情報分析したものをアピールしているのに注目だ。

田中は情報を収集し、分析している。

ここに田中が「できる田中」に変われた理由がある。

そう考えると一次情報はネットにある分、情報分析力がつく有料アーカイブとして今後新聞は役割が必要なのではないかと感じた。以前のnewspicksに関した書いた内容に付け加えると、新聞に求める役割は3つ。

  • 一次情報
  • 記者の分析・考察
  • 有識者の考え

この3点セットがどの内容にも新聞には溢れている、そういった媒体となれば、日経だけでなく各紙今後も取りたいと思える。

田中電子版のCMをみて、情報収集も大事だが、情報分析できているのか考えさせられたので書きました。

ちなみに実は番外編がある。これがまた田中の「そうすっすね感」MAXで面白い。

http://youtu.be/CISBdcgF8zk

http://youtu.be/cSzx2X3ytjc

http://youtu.be/shQEWC3ikp4

http://youtu.be/pW-ZT6SS_0Q

オススメは3話目の後輩コピペ女子の回。

(動画が面白いだけに「田中のプレゼン」の出来が惜しい…面白さはなくても最後まで読ませる仕掛けが足りない感じ…)

今日のまとめ

var tanaka;

tanaka=”情報収集”+”情報分析”;

output(“tanaka”);

できる電子版になるには、情報収集とそれ以上の情報分析が必要。

コンプレックスビジネスに有効な「バーチャル試着」

東芝ソリューション開発の「バーチャル試着」

先日ワールドビジネスサテライトのトレタマで取り上げられた「バーチャル試着」

この技術はショップにある全身が映せるスタンドミラーのようなモニターの前に立つと、人認識技術と自動認識フィッティング技術でヘアスタイルやパーソナルカラーに合わせた仮想コーディネートができる。

東芝プレスリリース:バーチャル試着から実店舗での購入までの顧客動向に関する実証実験について

コンプレックスビジネスで満足度が一番高いときに、さらに美しくまたはかっこ良くみせるものを提案されたら、ついつい衝動買いしてしまう、このバーチャル試着はフォッション・美容業界と相性が良さそう。

ファレル・ウィリアムスHAPPY24時間リスト&フラッシュモブ

ファレル・ウィリアムス版-幸せなら手をたたこう♪

先頃リリースされたの2枚目のアルバム『GIRL』

ガール

前作『In My Mind』とは異なり、より声を前面に出した印象。

今回はそのなかから話題の「HAPPY」を紹介します。

Youtube2億PV超え!まだまだバズりそう!!

もともとこの曲『怪盗グルーのミニオン危機一発』のエンディング曲で使われていて、歌詞とラストシーンのイメージは合ってるんだけど、曲の感じが違和感があって個人的に好きじゃなかった。

[amazonjs asin=”B00HCC7NUO” locale=”JP” title=”怪盗グルーのミニオン危機一発 DVD”]

それがアカデミー賞授賞式のファレルのライブパフォーマンスをみて、ダダハマリ。

http://youtu.be/GTvbD2MsvYc

「みんなもっと幸せを感じようよ、表現したっていいじゃないか!」みたいな感じがステキでした。

歌詞のイメージをつかみたい方はおよげ対訳さんが個人訳されております、ぜひチェックを。

およげ対訳くん:Happy ファレル・ウィリアムズ (Pharrel Williams)

で、アカデミー賞あった次の日からBGVとしてYoutubeで聴いているのがファレルのハッピー。

こちら面白いのが24時間タイムラインで連続して「みんなのHAPPY」がつながっているわけ。

カップル、ファミリー、友人、通行人、作業員、バスの運転手、バイカーなどなど。それぞれ自由にさらけ出している感があって引きつけられる。

happy24本リスト

ちなみに私が一番好きなのは深夜一時の回、32分頃からの白人とアジア人の凸凹コンビ。

前向きになれるファレルのHAPPY。自分のHAPPYをもっと素直に表現しないとなと感じました。

ファレルHAPPY原宿ver+フラッシュモブも大盛りあがり!!

▼原宿版ファレル「HAPPY」

http://youtu.be/rVvUxM0ywrc

フラッシュモブ版ファレル「HAPPY」

http://youtu.be/gSzANXkEXlo

▼教育にも活用できそう。運動会親子教職員全員参加の演目、終わりの体操をこれにしたらどうだろう。

http://youtu.be/m4usXLZUQlQ

音楽の力ってスゴイと改めて感じた一曲、ファレル・ウィリアムス「HAPPY」でした。

AmazonフレッシュとAmazonダッシュ、消費行動を変えるインパクト

アマゾンフレッシュは生鮮食品の当日配送サービス。そしてアマゾンダッシュはテレビのリモコンのようなステッキでなくなりそうなものや必要なものを商品のバーコードスキャンで注文ができる。

アマゾンダッシュを利用すれば「あ、なくなりそう」と思った食材や洗剤など生活用品をその瞬間に注文できて、鮮度が命の商品も届けてくれるようになる。

ダイヤモンドオンライン「アマゾンが家庭のキッチンに進出!スーパーにとって大きな脅威か?」

Kindle本のワンクリック注文の便利さ」と「必要度欲求度のピークが一番高いところ(購買意欲MAX)」が掛け合わさったらどうなるか。

先日書いたコンビニコーヒーみたいに、消費行動が変わる。今まで買っていた行動スタイルを取らない。まず店舗に買いに行かない、わざわざ通販サイトに見に行かないスタイルになる。

消費行動が変わるコンビニコーヒーのインパクト

これは記事にはスーパーに脅威とあるけど、もう消費行動が変われば勝負ありなんだよね、勝負にならない。

日本での実現には課題も実現も時間が掛かりそうだけど、実現してほしい。

スーパーに行かない薬局に行かない商習慣ができると、Amazonリアル店舗も出てくる可能性は十分ある。ビッグデータでこのエリアに店舗を構えれば配送コストが下がるとかありそう。アマゾンフレッシュが自動運転で24時間配送車の実現なんてこともあるかも。アマゾンから未来が見えますね、凄い会社。

時代にふれていない段階世代経営者の限界

「いつでもどこでも〇〇できる時代」今回はいつでもどこでも買える時代に、Amazonは消費者の欲求度必要度が一番高い購入機会に「いつでもどこでも(Amazonダッシュ)」を導入し、Amazon注文やKindleで実現済み、ワンクリックの便利さを組み合わせたわけ。これ日本の企業でも実現できたはず。未来のサービスの実現スピードが遅いというより、そもそも論として今の大企業経営陣が今のサービスにふれているのか疑問。拡大経済の遺産で思考停止気味で先延ばししていないのかな?

TPPの問題とは別としても、ネットがボーダレスにつながったグローバル社会では「既得権益の先延ばし戦略」ってもう通用しないよね。

記事の話しとは逸れるけど、国外から入らないようにしたところで、中でつくれば良い話し。

時代に合ったというか、もっと便利にもっと快適にできる時代に先延ばしすればするほど、あっと驚く超便利なサービスがどんどんリリースされる。

まず決定権のある経営陣が今の時代を体感できていない会社は、新しいサービスを生み出すのは不可能。

規模の経済の悪い側面の思考を今でも引っ張っている感じがする。

ドットコムバブル以降の経営者は情報にふれる大切を分かっているから、おじいさんおばあさん経営者になってもそうはならないだろうが、このジレンマの期間あと20年ぐらい?の空白期間をどう乗り越えるべきか。

食材のDNA分析から味覚のデータ化

先日日経に気になる記事が掲載↓

コメの偽装2時間で判定 東芝などDNAチップ活用

株式会社サタケのプレスリリースは下記↓

[ss url=”http://www.satake-japan.co.jp/ja/news/2004/040329.html“]

サタケは、株式会社東芝(※1)の独自技術である電流検出型DNAチップ(※2)とサタケの米品種鑑定技術を融合し, 両社共同で誰でも簡単・迅速にDNA鑑定ができる分析システム(米品種識別装置)の開発を行っています。現在、装置の商品化を進めており、年内の発売を予定しています(価格は未定)。

誰でも簡単・迅速にDNA鑑定ができるというところに注目。

業者の判断ツールに終わらず、口に運ぶ顧客が将来このキットを使える日がくることを期待したいですね。

いまの21世紀をみらいの日本人が歴史で学んだとき、世界史の視野でみても「食」に際立った文化を21世紀の日本はもっていたとみられると思うのです。米に限らず、数値化が重要な判断材料になるスマートアグリビジネスに今後も期待したいところ。素材に限らず、いずれ味覚のデータ化、個人の味の嗜好が数値化されれば、今週自分に足りない「栄養素→オススメの食品」などが実現しそう。

今のような偽装問題や誇大広告はマーケティングから姿を消すでしょうから、この分野が日本の一代産業に変わることを期待したいです!!

3秒でできる♪お好み焼きをプロっぽく見せる方法

やり方は超簡単♪

縞模様にソースとマヨネーズの平行ラインをひいて…

あとはコテを垂直にして、ソースとマヨネーズのラインに90度スーっとラインをきります。

https://twitter.com/inshokutimes/status/461102213280976896

要はソースのラインを区切って波打たせる感じ

プロっぽく見えませんか?是非試してみてね♪

〇〇が美味しい街…地域特産を活かしたじわじわ広がる観光施策

【飲食チラシデザイン】I LOVE珈琲

コーヒーが美味しい街…

想像だけで雰囲気というか街の香りが感じられる、なんか言葉に引きつけられますね。

▼そんな珈琲がおいしい街を旅ログさんのサイトで紹介されています☆

[ss url=http://tabi-labo.com/8619/coffeecities/]

こうやってゆっくりと街とこだわりが溶け合うかたちっていいと思うし、観光力としては長期的な魅力になりますよね。

日本の邦画マーケティングのようなゆるキャラPRは結果的に、地域の経済効果とこれまで足を運ばなかった層へのアプローチとして大成功だったが、これはテレビ的にワンクールぐらいの施策にしておいて、長期的な観光戦略としてはやめといた方がいいだろう。

2020年までゆるキャラをワントップで観光PRするようなことは中期的にもマイナスだと思う。

こだわりの特産とお気持ちのいい対応サービス人とのふれあいが、いっそう旅の思い出を豊かなものにしてくれる。

土台はしっかり昔の人々が大切につなげてきてくれた。6年あれば結構やれると思う。

ちなみに日本の喫茶店費用1位の都道府県は愛知県だそうです

▼喫茶費用 [ 2012年第一位 愛知県 ]

[ss url=http://todo-ran.com/t/kiji/16685]

文化に根付くってそう簡単にできるもんじゃないから、評判を買ったり作ったりせず、じっくり取組んで、じわじわ広げていくべきだとわたしは考えます。