ビッグデータを使って個客識別サービス「デクワス」と「トレタ」

昨日ワールドビジネスサテライトで取り上げられたビッグデータサービス2選。
消費者ひとりひとりの嗜好分析から最適解の販促やサービスを提案できる。

「デクワス」を使って、次回購入につなげる売れるカタログ作り

ひとつめに紹介されたのは、先日マーケジンでも紹介されていたこちら。
ニューヨーカー、サイジニア、富士ゼロックスが嗜好分析に基づくパーソナライズカタログ提供サービスを開始 富士ゼロックス
潜在ニーズを掘り起こしてレコメンデーション | ディスカバリーエンジン/レコメンドエンジン【デクワス】 | サイジニア

顧客の購買履歴や同じ顧客層の販売実績から分析して、商品お届け時の満足度期待度が高い段階で「次に買う確立の高い商品」を提案する。みそはおすすめカタログが納品明細書に記載されているところ。すぐに捨てられるケースが少ない。

それぞれ顧客に合わせたオリジナルのミニカタログは最短二時間で出来上がる。
人的コストをかけず、ひとりひとりにあったサービスを提供できる、サイジニア社のレコメンドエンジン「デクワス」と富士ゼロックスのソフトウェア「FreeFlow Variable Information Suite」による、オンデマンド印刷。

野菜通販などでも使えそうですね。

隠れ上顧客を見える化する、店舗予約管理システム「トレタ」

店舗予約や混在状況などiBeaconが世界を変えると思っていましたが、こちらもなかなかのサービス。
来店履歴を管理することで、顧客の嗜好を残し、きめ細かいサービスができる。
あまり目立たなかったが、年間を通して数多く利用してくれている常連を顕在化する。
お店の予約を、まるごとタブレット1台で。 | トレタ

よくこういうビッグデータ関連で思うのは極論ですが、技術者と単純作業(パッキングもロボ作業でできそう)がまずあって、あいだの商品企画や販促はデータ解析で担う企業が増えてくるのではと。

もちろんそこに属するホワイトカラーがゼロになるかといわれればNOだけど、データ解析ソフトとその分野に明るいCMOと数人のチームで、100人以上のガリバー販促部隊に勝てそうな気がする。

以前書いたホワイトカラーの憂鬱は晴れる気配はない。

f:id:tukurukokoku:20140807161920j:plain
企業の正社員化にみる、あるホワイトカラーの憂鬱 – ねこと日曜日
▼耳寄り情報:データマイニング関連本、8月末発売待ち遠しい!!

手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング

手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング

今週の気になる数字「家事ハラ経験パパ◯割」と「radiko有料会員◯万人突破」

パパは休日もつらいよ、家事ハラ7割経験

旭ホームズの調べで30〜40代の共働き世代およそ1300人対象にネットアンケート調査、7割が経験したという。
参照:夫の約7割が妻の「家事ハラ」を経験!? 食器洗い「やり方違う」とダメだし | 株式会社共同通信社
これ、パパあるあるですね。
お困り需要として、差別化に苦しむリフォーム関連の会社はまずこの辺りの課題解決をWebマーケティングのコンテンツになるのではないでしょうか。

Radiko有料会員三ヶ月で10万人突破(月額350円)

radikoに参加する全国のラジオ放送を月額350円で聴けるサービス。
30〜40代が男女が多く、オフィスワーカーや主婦の利用が多い印象。
参照:「radiko」エリアフリー会員が10万人突破 「予想以上のニーズ」 – ITmedia ニュース
radikoを私が気に入っているのは、しゃべりを聴いていて面白いこと。
バラエティーがいつもの刷り込みでばかりで、スマホメインでBGVで流していてもつまらなくなった昨今、過剰な演出が少ないラジオトークはマルチ視聴・ながら視聴に非常に相性が良い。
願わくば後から聴けるように録音機能が欲しいところですが…
ストリーミングサービスが始まったとしても、一定のシェアはキープできそう。
広告効果も期待できると思う。
radikoではないがPodcastの「伊藤洋一のround up world now」は長年愛聴している経済番組。
スポンサーのアルコニックスの広告は、今では暗唱できるぐらい耳に残っている。
スマホがメインになったいま、BGMとしてのラジオトーク需要、ラジオ広告が見直されそうだ。
ちなみにTV広告はほぼ見ない。録画したものを1.5倍再生でみて、広告はスキップしている。