在宅勤務制度を検討している企業にオススメ『強いチームはオフィスを捨てる』

ちょうどタイムリーなNEWSが話題になっていましたので、今月読みたい本の一冊を昨日読みました。

XML第一人者のティム・ブレイ氏、「在宅勤務が認められず」Google退社へ

今回紹介する本は、『強いチームはオフィスを捨てる』です

 

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

 

 

それにしても佐々木俊尚さんの『仕事をするのにオフィスはいらない』から早5年か…月日が過ぎるのは早い。

 

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)

 

 

 

製品やサービスは加速度的に進化していますけど、習慣ってホント変わりませんね。これだけネットワークが発展しても、在宅勤務制って、あまり目立ちません。

この『強いチームはオフィスを捨てる』は最新の在宅勤務(リモートワーク)に関して書かれた書籍です。

訳語の「働き方革命」という言葉が、まだまだ浸透していないことを物語っていますね。決して新しいスタイルではないのに、まだシリコンバレーでも当たり前ではないようです。

著者はRuby On Railsを開発した37シグナルズの創業者開発者の2人によって書かれたもので、37シグナルズは30人そこそこの人数でやっています、もちろんリモートワークで。

従業員数で比較すればベンチャー企業は読んで損はないと思います。

在宅勤務制(リモートワーク)を主題に起業の心構えや社員採用方法、保守管理、チームワークの保ち方、福利厚生、そして在宅勤務制に役立つ運用ツールについて書かれて、これから起業する経営者に役立つ情報満載です。

30人そこそこで何千人という応募者をどう採用判断するのかに対して、初期の選考段階ではひとり数十秒程度で判断できると方法が書かれていて、採用選考もそうですが、リモートワークにトライして得たノウハウが惜しみなく書かれています。

在宅ワーカーの視点からも書かれている『強いチームはオフィスを捨てる』

またこの本の特筆すべきは、会社に向けた在宅勤務の促進で終わらないところです。

実際リモートワークを経験して困ったことや改善したこと、在宅勤務している人からみた部分についても書かれていて、プライベートと仕事のスイッチの切り替えが難しい時の対処方法など「これは学習環境の改善に使えるな♪」と思いました。

 

プラスの部分ばかり紹介しまして、マイナスの部分をあげると成果に対する評価がハッキリしなかった。もちろん評価制度についても書かれていますが、個人的に読んでて納得はできませんでした。

成果に対して誰がどれだけ貢献したかは一見「見える化」できそうですが、リモートワークでチームより個の成果がクローズアップされてくると、見えない貢献に対していろいろ不満が出てきそうです。

著者の会社はオープンソースがベースにあるので、うまくいったとも捉えることができるわけで、もしわたしが起業するならば、この成果部分は解決に至っていません。

 

この20世紀前からの「働くという慣習」を変えることは「売れる製品サービスを生み出すこと」よりも難しいかもしれませんね。

行動しない学びサイクルからマジ抜け出してぇーYO♪

年間100冊以上自己啓発本読んで、休みも少ないのに「なりたい自分になれる系」のセミナーに大枚叩いて行って、しまいにネットの学習サイトで勉強してる。

いろいろ続けてはいるけど………

「けっきょく何も変わってないーーー」と叫んだら、

 

「変わるのはアナタ自身で、変われてないのは行動してないからですよ(棒)」と冷静に返される今日この頃。

 

今や誰もがキャリアをデザインする時代(キャリアデザイン室に掛けてます…)みなさんはいかがですか?

 

“オレやってる感”に満足して、アウトプットできていなかったここ数年

自己啓発も、成功セミナーも、学習サイトも、困っているひとがいるから需要があるわけで、一度で治してしまえば仕事がなくなるわけで、「希望をもたせ続けて何も変わっていない」状態が一番いいわけで、わたしは見事にそれにハマっています。

 

昨年はそういう無限ループにハマっている自分を客観視俯瞰視できてこれに気づき、自己啓発本とセミナーをやめました。

 

学んだ分(インプット)を同じ割合で行動する(アウトプット)

知識→経験この流れができないと、いつまで経っても、気持ちだけ前向き人間になってしまう。

 

で、何を行動してるかっていうと、自己啓発本購入禁止にしていた2013年に、こっそり読んだ大前研一著『稼ぐ力』に必要とされるスキルを実践しています。

 

 

 

35歳を過ぎてから新しく習うハードスキルはない。このため、50歳を越えたら、あとはそれまで蓄積してきた「経験」をいかに生かすか、ソフトスキルをいかに磨くかが仕事になる

(省略)

ハードスキル

会計、財務、マーケティング理論、統計学などがビジネスで必要とされる“道具”である

 

ソフトスキル

民族・国籍・文化・言語・宗教の違う人たちとコミニケーションをとりながら、ビジネスを円滑に進める能力を指し。英語力が前提となる。

 

 

マーケティング理論に関しては不勉強で、まだまだ言葉も足りないが、経験は積んでいるのでまぁそこそこ。

統計学はちびちび2012年頃からやっていて、英語は会話程度はできる。

プログラミングはstingerのおかげで初歩の初歩はわかるようになった。

今一番力を入れているのは、「新しいことをまず体験すること」

 

二番目に力を入れているのはデザインの実践

理由はどんなに機械化していっても、人間が商品やサービスに対価を払う限り、デザインはなくならないと考えるから

デザイナーにならなくても、デザイン力は全ての業種に必要。

まぁ遅すぎるといえばそうですが、ようやく学ぶだけの無限ループから抜け出して、実践して身になってきています

 

 

機械との競争

機械との競争

 

 

機械との競争で「こりゃ人間やべぇー仕事奪われるよ」と気づきがあり、稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方で、コンパスを得たというか、方向性が決まった感じ。

 

がんばります、がんばってます。

春の新生活に購入したい、なが〜く愛されそうな深澤直人デザインのMUJI家電

デザイナー深澤直人さんのプロダクトはau designprojectのinfobarからファンであるわたし。

使わなくなった今も大事に保管しています♡

そして最近家電NEWSで知り、飛びついたのがコレ↓

良品計画|ニュースリリース

 

深澤直人さんデザインのMUJI家電です。

丸みがあって、かわいいというより、やさしいですね〜、このデザイン。

ほおずりしたくなるような、やさしさを感じます。

 

もう家電って数年以上耐久性があるし、大きな部分で性能も横並びだし、こう長い間眺めて楽しめる家電の発売はウレシイです。

 

日本にいてここ数年思うのは、時代のカラーはアイボリー&オーガニック。

不透明で不安であるのに、表面上は「みんな感」があって、ファッション誌のスナップ特集もみんな笑顔です。

(ちなみに90年代はみなしかめっ面でした、まぁ出版社の指示でしょうが…)

 

やさしい時代にはやさしいデザイン。

 

ベタなコピーができちゃいました。

 

いずれも4,900円のジューサーミキサーか電気ケトルねらってます☆

 

春の新生活に、みなさんひとつどうですか?

newspicksにハマったと思ったら、今度はカメリオ!!なんか最近のニュースメディアがワクワクさせる〜!!

どんなに良いサービスがでても、プラットフォーム系のニュースはなくならないだろうと思っていたが、意外にももうLINEニュースとか見なくなった。

2013年はグノシー・アンテナ・スマートニュースが、ボクのネット情報収集の主流になって、Twitterのタイムラインは追わなくなり、ヤフトピとかも見なくなった。

そして2014年からニュースピックスとニュースハブが加わり、ここにきてカメリオが新たに加わる。

カメリオはまだ使って一日目だが、Amazonでいうところの「他にこんな記事もあります」的なリコメンドの見える化が優れているように思えて、これまたカユいところにサービスだ。

最近グノシーが読む前に知っているというか、大体わかるニュースが入ってきてセレンディピティーが少ない。

これは、自分のつぶやきが少ないから反映されていないのだろう、自分の興味フィールドの狭さに困ったものである。

 

こちらがのぞむ料理を出してくれる飲食店のように、こちらがのぞむニュースをいつも出してくれるニュースサイトはできるのだろうか?

ユーザーがお客さんなら、無限の一次情報という食材をつかって、どういうセンス(システム)で料理メニューを決めて、どういう飾り付けをするか(UI)、いまここだと思う。

 

今までは決して手を加えていないとは言えないが、とれたてホヤホヤ新鮮で、さも何も手を加えていないものが主流であった。

これからのニュースメディアに行列をつくるには、そのニュースにどんなバリューがあるか、またはどんな反対意見があるか、それを意見できて、なおかつ信用力影響力のある「おいしい店を知っている人」がついている必要がある。

その点では、ニュースピックスに少し分がありそうだが、まだはじまったばかりでわからない。

 

有識者のコメントを一次情報にトッピングする仕組みはオールドメディア特に新聞(電子版)でこそ、やってほしいものだが、これもまず新聞業界のパワーをもっている幹部の方が、今のスマホニュースメディアを体験していないだろうから実現は無理だろうな〜。

 

カメリオ(Kamelio):あなた色に染まるニュースリーダー

カメリオ(Kamelio):あなた色に染まるニュースリーダー

  • 白ヤギコーポレーション
  • ニュース
  • 無料

 

iPadAirにピッタリなスタイラスペン&キーボード

先日ソフトバンクから発表されたバッテリーの役目も果たす保護ケース型キーボード。

SoftBank SELECTIONから厚さ19mmの iPad Airキーボードケース、内蔵バッテリーで420時間駆動 – Engadget Japanese

 

SoftBank SELECTION iPad/iPad 2用ケース&キーボード SB-KB04-BTSP/BK

SoftBank SELECTION iPad/iPad 2用ケース&キーボード SB-KB04-BTSP/BK

 

 

 

これまで新製品が出る度にロジクール製品を使っていましたが、バッテリー420時間分付いているのでこれはまたまた物欲が…

はじめて大満足のiPadタッチペンかも

で、タッチペンなんですが、なかなかいいものにこれまで巡り会っていないわたし。Amazon4つ星のモノを何個か買いましたが、筆圧とかもそうですが、何よりあの「キュキュキュ」って音が受けつけない。

以前使っていたワコムintuosが基準にあるから、なかなか満足するものがない。

で、いま気になっているのがコレ。

kickstarterで見つけた、このペン。

 

ペン先2.4mmでこれならワコムユーザーも満足させてくれるはず。まだ一般発売はしていないようですが、期待大です!!!

Googleグラスで、道ばたで食べ物が湯気出して浮かんでる日は近い!?

記事の内容はネット上での検索結果についてだけど、これって、Googleグラスとかウェアラブルデバイスつけて、飲食店情報のみポップアップ設定しておいたら、湯気でてるできたての食べ物がAR/VRで、視界に飛び込んでくるパターンになるんじゃ!?

米Google、飲食店のメニューを自然検索結果に表示

 

もしこの空想が実現したら「ジオフェンシング」(位置情報に応じたオススメ情報を配信する) をこれから進めようとしている企業が脅威ですね。無意識に飛び込んでくる情報は確かに20世紀の広告手法と比べて警戒心が薄いというか、無意識なんでガードが甘いわけですが、飛び込んでくるものが無機質なクーポンメールよりも、シズル感たっぷりのARが飛び込んできたら、驚き・感動が販促になるわけで、こうなるとGoogleマップ+グラスによる真のONLINEtoOFFLINE、ネットからリアルの囲い込みができそう。

 

これからはスマホ→タッチレス→脳波って流れになると思うけど、興味があるものをネットから引っ張りだすのは変わらないわけで、これからもGoogleはやってくれそうですね。

2014年ソチオリンピックのアメリカチームのユニフォームはBURTON製

現金ですが、スノボ初メダルで、ソチオリンピック競技でスノボに俄然興味が湧いています。

で、一番気になったのが、アメリカスノボチームの公式ユニフォーム。

ベージュを基調としたユニフォームでどちらかというとミリタリーっぽい、それと真逆のパッチワーク風のかわいいデザイン。オリンピック3年連続のバートン制作だそう。

下記サイトにデザインのコンセプト(ヴィンテージ感・パッチワーク風・ミリタリー風)が書かれていました。

【PRTIMES】BURTONが2014年ソチオリンピック アメリカ代表スノーボードチームの公式ユニフォームを発表 

インタビュー画像もyoutubeにありました♪

 

http://youtu.be/V6SE0w0HMPM

 

http://youtu.be/kWfg1Sqncbc

スペースダンディのEDで紹介されたマルチコプターほぢぃぃぃ〜

前回キュレで紹介したスペースダンディのED曲のPVがクアッドコプター・マルチコプターを何台も蛍みたいに飛ばしていて、必要ないのにまた物欲が湧いてきちゃいました。

コレですかね↓

 

 

 

 

 

http://youtu.be/WmFhZ3I2v0U

 

http://youtu.be/oxBHdboZttA

 

ほじぃぃぃよぉぉぉ〜!!

 

昨年末12月になんとかこらえた、マルチコプター画像、wired2014年増刊号で紹介されたこのマルチコプターの画像もご覧下さい。

 

ほじぃぃぃよぉぉぉ〜!!

http://youtu.be/Pebh1sEYOIA

http://youtu.be/t_9zmGQmys0

DJIで撮影したナイアガラ!!

 

 

http://youtu.be/cfoLYTKObiU

後半の映像のデモをDJIで空撮している、これは新しいジャーナリズムの形になるかも。↓

 

http://youtu.be/6U0LlchxGTA

 

 

 

スペースダンディED曲

なんかふわふわ宙に浮いている感じで、カワイイし、力がいい感じで抜けてたまに聴きたくなる曲♪

作詞・作曲はやくしまるの別名義「ティカ・α」で、編曲は菅野よう子!!

http://youtu.be/Os9RtDCc2UU

 

 

なんかいろいろほぢぃいぃ〜

「iOS8」から「今後20年必要とされない職業」、「360°弾ける鍵盤」3選

【PICK UP!】これからの20年で必要とされる職業は!?

下記の内容をみると、20世紀に10必要とした仕事が、ネットワークでつながった以降2や3ぐらいで済みそうになった感じ。興味深いのは失われない職業として1位2位が人間を気持ち良くする仕事と機械を気持ち良くする仕事だったこと。

これからの20年で現在のアメリカの雇用の50%以上がコンピューターに代替される

 

ios8予想?コンセプト動画

ios8で検索して見つけた動画。なんかもうUIがどうので、あんまりワクワクしないですね。タッチレスだけどタッチ以上の操作性のデバイス早くでて欲しいな〜。脳波で動く、脳波予測とかのデバイス。

21世紀、新たな鍵盤革命か。エクストリームな292鍵キーボード「PianoArc」 : ギズモード・ジャパン

 

360°弾ける鍵盤

楽器方面からも、新たな音をつくる試み広がってほしい☆どうでもいいけど、楽器よりもこのインタビュアーのダミ声の方が気になってしまった…

http://youtu.be/d9gdGvnW9DM

 

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉